ABOUT US

私たちについて

イメージ

Vision

がんと闘うすべての人のために

かつてがんは不治の病と呼ばれた時代がありました。
しかし、2人に1人ががんになる現代において、
がんは生活習慣病と位置づけられるようになりました。
がんは私たち自身の行動と医療技術によって、予防し、治療することが出来ます。

がんを予防・治療するために、今世界で注目されているものがあります。
それが、私たち自身が持つ免疫の力です。
免疫は、がんの細胞を発見し、認識し、攻撃する力を持っています。
免疫は私たち生物が生まれ持った病気と闘う力であり、
がんと闘うための生物的に最も自然なアプローチです。

私たちは、免疫の力によってすべての人が
がんを克服することが出来る世界の実現を目指します。

Immune cells

再生医療・免疫細胞によるがんの治療

免疫の歴史は古く、紀元前からその存在が知られていました。世界中で人類が感染症や伝染病と戦ってきた歴史の中で免疫の研究が進み、がんと免疫の関係も明らかになってきました。

現在では、がんと闘う複数の免疫細胞が見つかっており、それぞれの細胞が果たす役割が分かってきています。免疫細胞は、がんを発見し、認識し、攻撃することが出来、また複数の細胞がチームプレーで働くことが分かっています。

免疫細胞を強化してがんを攻撃するというアプローチは長年研究されてきましたが、ゲノム解析技術や再生医療技術の発展により、近年急速にその実用化が進んでいます。これからのがん治療にとって、いかに私たちが持っている免疫の力を引き出し、がん細胞と戦わせるかということが、ますます重要なファクターになりつつあります。

Learn More

会社情報Company Information

  • 会社名

    株式会社 同仁がん免疫研究所

  • 代表取締役

    上野景真

  • 医学顧問

    写真: 倉持恒雄
    倉持恒雄
    1970年、東京大学医科学研究所へ入所。1971年、米国ミシシッピ大学医学部へ留学(文部省留学生)。
    その後、カナダ・モントリオールのマッギール大学ロイヤルビクトリアホスピタル・クリニカルフェロー、オレゴン大学内科学・免疫部門助教授。帰国後、聖マリアンナ医科大学内科学講師・助教授、大学病院免疫科科長を経て、現在に至る。 医学博士。
    写真: 倉持恒雄
    ⻄川伸一

    医学博士。京都大学名誉教授。 京都大学医学部、熊本大学医学部、理化学研究所を経て、NPO 法人オール・アバウト・サイエ ンス・ジャパンを設立。再生医療、幹細胞、ゲノム医療の第一人者として、国内外で研究教育活動を行う。

    受賞歴: 財団法人 日本リデイアオリリー協会 清寺真記念賞、ドイツ フィリップ・フランツ・ フォン・ジーボルト賞、財団法人 持田記念医学薬学振興財団 持田記念学術賞

  • 設立

    2013年1月4日

  • 事業内容

    細胞の培養・加工、および保管・管理
    再生医療技術の提供

  • アクセス

    [本社]
    〒862-0956 熊本県熊本市南区流通団地 1-44-2
    TEL:096-234-8351 FAX:096-234-8352

    Google Mapで見る